MENU

インターネットで紹介されているヘアトニックグロウジェルの使用前・使用後を参考に

最近頭皮がさびしいことになっている…と悩んでいる男性の方も多いでしょう。そのような男性の間で注目されている育毛剤の一つに、ヘアトニックグロウジェルがあります。

 

現在ではいろいろな育毛剤が販売されていますが、最新の成分を配合しているものが多いです。カタカナや英語などいかにも最新鋭というイメージを持たせてくれます。その中でヘアトニックグロウジェルはセンブリエキスやゲンチアナエキス、ジオウエキス、ビワ葉エキス、シラカバエキスといった和漢の伝統的な成分が主力になっています。このような昔ながらの成分を使っていることで、逆に育毛業界の中では独特の存在感を出しているとも言えます。

 

センブリやビワ葉などは、お茶としても飲まれているような成分です。自然由来の成分を中心としていますので、使った場合でも副作用の心配をほとんどする必要がないというのもヘアトニックグロウジェルが人気の理由です。もし薄毛で何とかしたいと思っている人がいれば、ヘアトニックグロウジェルを購入してみるのも一つの方法です。

 

症状の変化を実感するのはいつごろ?

ヘアトニックグロウジェルは上で紹介したように天然由来の成分を主力としています。医薬品とは異なりますので、ヘアトニックグロウジェルには即効性はないと思った方が良いでしょう。でも我慢して継続使用していくうちに、徐々に効果が出てくるような育毛剤です。

 

では症状に変化の出てくるのはいつごろでしょうか?これは個人差があるので絶対にそうなるとは保証できませんが、口コミサイトの意見を見てみるとだいたいヘアトニックグロウジェルを4〜5ボトル目に入ったところで何らかの効果を実感している人が多いです。ヘアトニックグロウジェルですがボトル1本1か月が使用の目安になっているので、使い始めてから4〜5か月は継続使用してみる価値があるといえます。

 

どのような変化を実感しているかですが、人によって若干違いが見られます。たとえば頭髪の悩みの中で、抜け毛が最近増えたという人も多いです。シャンプーをした後の排水口や朝起きたときの枕に付着している髪の毛が目立つとどうしても気分は沈みがちになります。ヘアトニックグロウジェルを使って4〜5か月経過すると、この抜け毛の量が以前と比較して明らかに少なくなっているという意見が見られます。

 

また抜け毛の質にも変化があったという意見もしばしば見られます。それまでは細くて短い髪の毛が多かったのですが、太くて長い髪の毛が抜けるようになったというのです。脱毛症になっている人は髪の毛の抜けるサイクルが短くなるので、細くて短い十分に成長していない髪の毛が抜けてしまいます。それが太くて長い髪の毛になったということはそれだけしっかり成長期間を確保できている、毛髪のサイクルが正常化していることの証拠になります。

 

ヘアトニックグロウジェルの口コミサイトを見てみると、発毛を実感している人も4〜5か月経過したところで増えていることがわかります。ヘアトニックグロウジェルを使用している人の中には以前、薄毛の症状がかなり進行していて、地肌が太陽などにあたると透けて見えるような症状の方もいます。しかしそれがヘアトニックグロウジェルを使用するようになって、地肌の見えていたところが黒々に変化していたという体験談がしばしば見られます。

 

また髪の毛を朝などにセッティングしていても、ボリュームがないのでペタッとした髪型になってしまう人がヘアトニックグロウジェルを使ってみたところ、ふんわりとボリュームが出るようになったという意見もネットでは紹介されていました。継続して使用していれば、このような効果が確実ではないものの実感できる可能性は十分期待できるでしょう。ヘアトニックグロウジェルを購入するのであれば少なくても4か月程度は使ってみて、状況に変化はないか確認してみてはいかがでしょうか?