MENU

一部例外でアレルギー反応を起こす場合も

インターネットの口コミサイトや体験談、レビューを見てみると、ヘアトニックグロウジェルは高く評価されていることがわかります。ヘアトニックグロウジェルは和漢エキスを中心とした育毛剤で、液ダレしにくいジェル状になっている所が特徴です。液ダレしにくいので、薄毛の気になるところにピンポイントで有効成分を頭皮の奥深くにまで浸透させることができます。

 

ところでこの手の育毛剤を使用するにあたって、副作用などが起きる心配はないのかと不安に感じる人もいるでしょう。結論から言いますが、ヘアトニックグロウジェルを使って副作用が起きたという報告は見られません。ヘアトニックグロウジェルに含まれている成分を見てみると、そのほとんどが植物由来です。

 

市販されている育毛剤の中には、香料や着色料、シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤の含まれていることもあります。このような成分が含まれていると、頭皮に強い刺激を与えることにもなりかねません。敏感肌などもともと頭皮の肌質の弱い人が使用すると、頭皮の荒れなどが起きる可能性もあります。

 

しかしヘアトニックグロウジェルの場合、上で紹介した添加物は一切配合されていません。ですから、敏感肌の人が使用しても肌トラブルの起きる可能性は低いです。成分表を見てみると、パラオキシ安息香酸エステルというものが見られます。パラオキシ安息香酸エステルとは防腐剤の一種です。防腐剤を頭皮に塗布して大丈夫なのかと不安に感じる人もいるでしょう。

 

しかしパラオキシ安息香酸エステルは度重なる研究が行われていて、その中で安全性は担保されています。雑菌の繁殖を抑制する効果がありますので、育毛剤の劣化を止めるという意味でも必要な成分で、人体には影響はほとんどないと思ってもらって良いでしょう。

 

まれにアレルギー反応を起こすケースも

ヘアトニックグロウジェルは上で紹介したように、副作用が起きる心配をする必要はないでしょう。そもそもヘアトニックグロウジェルは医薬品ではないので、副作用を起こすような育毛剤ではないです。ヘアトニックグロウジェルを使って何か体調を崩すようなことはないと思ってもらって良いです。しかし一部例外として、ヘアトニックグロウジェルに配合している成分に対してアレルギー反応をする人もいるかもしれません。

 

もし配合されている成分に対してアレルギー体質を持っているのであれば、ヘアトニックグロウジェルを頭皮に塗った時にその部分にヒリヒリしたような感覚が発生します。もしこのような症状に心当たりがあれば、使用を直ちに中断して、医者の診察を受けましょう。

 

もともと他の物にアレルギーのある人は、症状の起こりやすい傾向が見られます。心当たりがあれば、最初のうちはヘアトニックグロウジェルを少量頭皮に塗布して、皮膚に変化がないか経過観察しましょう。

 

効果の期待できない人もいる?

ヘアトニックグロウジェルですが、万人の薄毛や抜け毛に悩んでいる人に効果があるわけではないです。総合的な育毛剤ではないので、いわゆるバーコード頭とか、額の生え際が耳の後ろくらいまで後退しているような進行した脱毛症の方には、あまり効果は期待できないかもしれません。

 

抜け毛が増えてきたとか、抜けた髪の毛が以前のものと比較して細くなっているといった程度の脱毛の中でも初期段階とか、乾燥頭皮でフケやかゆみが出ている人が頭皮ケアをするには十分効果の期待できる育毛剤といえます。またセンブリエキスがヘアトニックグロウジェルに含まれているのですが、こちらは円形脱毛症に対して高い効果が期待できると言われています。円形脱毛症に悩んでいる人は、ヘアトニックグロウジェルを試しに使ってみる価値があるでしょう。